【芸能】西田敏行、映画「敦煌」で仕事をした佐藤純彌監督を追悼「人望があり、学者肌」



1 :ネイトのランプ ★:2019/02/18(月) 00:28:31.81 ID:9ckPl94A9.net
 9日に多臓器不全の衰弱のため、都内の自宅で亡くなった「男たちの大和/YAMATO」「新幹線大爆破」などで知られる邦画を代表する映画監督・佐藤純彌さん(享年86)の訃報に接し、俳優の西田敏行(71)が17日、追悼のコメントを寄せた。

 88年の主演映画「敦煌」、などに出演。「1985年に撮影した『植村直己物語』のことが思い出されました。ことに、北極での撮影では、スタッフ、キャストの命を守り、作品の成功に導かねばというpressure(プレッシャー)と戦いながら、皆の前では穏やかな表情で監督指揮をしていた姿です」と回想。「人望があり、学者肌の映画監督でした。ご冥福を祈ります」とつづった

https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190217-OHT1T50126.html

62 :名無しさん@恐縮です:2019/02/19(火) 01:19:06.93 ID:esLucakh0.net

また映画館で見たいが、名作映画という位置付けでもないから難しいだろう。

「敦煌」を映画化した徳間社長が亡くなると、徳間グループはバラバラになってしまった。

稼ぎ頭だった子会社のジブリを吸収合併したりしたけど、グループの負債は巨額で追いつかなかった。

「敦煌」を含む大映の権利は、今では角川に移っている。
それでAmazonのレビューを読むと、角川映画だと勘違いしている人がいる。

39 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 08:08:35.62 ID:H6PcSGcA0.net

あーエスパイの
由美かおるの乳ボヨヨ〜ンは何度も抜いた

60 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 22:43:56.28 ID:ojbh7Y1u0.net

敦煌の街が砂塵に埋まって行くオープニングから引き込まれた。

映画の最後はセットを盛大に燃やすはずが、中国側から観光目的でオープン・セットを残したいという要望があって、炎上用の建物を建てて、それを遠景から燃えるショットを抑えた。

44 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 14:20:55.00 ID:mChpd0R10.net

りげんこー!りげんこー!扉パタン

面白かったな(・ω・)

35 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 05:47:48.25 ID:YzeWmvW/0.net

代打登板だからなあ
元々小林正樹が20年がかりで熱望しやっと取り掛かれるはずが
「あいつは金かけすぎ」でクビにされ佐藤に変更
結果小林は失望のあまり事実上の引退へ

大学で仏教美術専攻してた小林なら
客はわからんが作品の評価は高かったろうな

23 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 01:16:52.65 ID:J1dnBwOD0.net

あぁ・・あれ面白く無かったよね・・・・・・

41 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 08:19:57.56 ID:hB3ZHN3x0.net

その昔、ユダヤ人もローマ人も英語しか話さない「ベン・ハー」という映画もありました。

13 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 00:48:42.33 ID:UHypQtcq0.net

昔は時間とカネかけて勝負してたけど今は漫画原作のコスプレ邦画ばっかだな

19 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 01:03:49.51 ID:M5Px3iz70.net

そんな人がなぜ北京原人みたいな作品を撮ったのか

11 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 00:42:18.72 ID:SqhZsGMx0.net

敦煌ってカネだけかけた超糞映画だったよな

77 :名無しさん@恐縮です:2019/02/21(木) 14:33:45.82 ID:+cjbT8G00.net

爆死してないぞ
敦煌は、伊藤忠商事の力で黒字になってる

63 :名無しさん@恐縮です:2019/02/19(火) 17:16:46.42 ID:IihazJV30.net

日本発「こんまりメソッド」にアメリカ人女性が猛反対する理由と西洋の文化背景
http://djoki.nelsonshack.com/lvtcm/22304c1

47 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 16:30:46.65 ID:1z1yy6mC0.net

確か小説を買ったのだが、当時の俺には難しくて全然読めなかった記憶がある

9 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 00:36:26.30 ID:LJJnq8Sy0.net

さだまさしとくまださましと敦煌と長江は間違いやすい

38 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 06:56:57.61 ID:dfVOJe1r0.net

敦子さんって名前の人がトン子ってあだ名されるようになった映画

42 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 09:02:19.56 ID:m45UsiNJ0.net

西夏にウイグルとあの雰囲気良いよとんこうは

8 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 00:36:01.92 ID:NYu6tpCJ0.net

開!!八門敦煌の陣!!

70 :名無しさん@恐縮です:2019/02/20(水) 20:35:44.34 ID:zYvjCqqS0.net

パンフレットによると、中国側は漢人が負ける最後に難色を示して、仕方がないので日本側は西夏と引き分けという妥協案を提示して、作者の井上靖にも了解をとったという。

ところが歴史を調べるほど中国側の言い分に無理がある事がようやく理解されて、原作通りに撮影出来たのだとか。

49 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 17:28:12.89 ID:vVyjjWAg0.net

「敦煌」は高校の校外学習みたいなので銀座の映画館行かされて見たな。
ぜんぜん覚えてないけど、今見たら楽しめるのかな。

17 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 01:00:58.80 ID:QEEW37CU0.net

ウパー

32 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 02:56:20.52 ID:CuavdxZO0.net

親父が伊藤忠だったので、未使用の映画チケットが100枚ぐらい家に有った思い出

5 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 00:32:01.71 ID:4BPhvGU20.net

敦煌は面白かったな

21 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 01:07:15.24 ID:AmwNpprK0.net

東大の官僚魂が。

64 :名無しさん@恐縮です:2019/02/20(水) 05:19:34.86 ID:2iq5Jd1E0.net

いますぐ行動を起こせば、結果にかかわらず、人生は必ず充実する。
http://asuji.gregjaworski.com/xhksx/373837599

50 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 17:40:24.62 ID:jlfHuvbV0.net

最後、教典とか巻物をお宝と勘違いして僧侶を皆殺しにしちゃう所好きだった

33 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 03:52:53.99 ID:ePaJ5ULO0.net

正体はジェミニのサガなんだろ

15 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 00:56:18.27 ID:IPbkihon0.net

ボキボキ

24 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 01:25:47.62 ID:2zxCOodI0.net

歴史に名を残すのはお前じゃない

59 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 21:06:40.81 ID:sDjv00cS0.net

小学生の時にAKIRA見に行ったら敦煌の売り場は大行列、AKIRAはガラガラだったの覚えてるわ
同じ年に少し前にトトロ見に行った時はウォール街大行列、そしてトトロはガラガラだった

66 :名無しさん@恐縮です:2019/02/20(水) 05:25:36.04 ID:3Bb2tkE10.net

敦煌、おれは面白かった

51 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 17:47:21.48 ID:j7uidYnb0.net

敦煌とか日中合作と言いながら、シナを煽てる独裁国家のプロパガンダ映画ですやん
しょうもなw

4 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 00:31:59.71 ID:gp5a3ytE0.net

佐藤浩市が出てた気がする

46 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 16:27:10.71 ID:Y1h3lF7N0.net

何度突撃しても渡瀬に届かず全滅するのがすごい良かった
これが現実で歴史だと

53 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 17:54:52.18 ID:jYU7XZ7N0.net

その間に深作欣二がいるよ。

敦煌の映画化権を持っていたのは小林正樹だったから、
クビにされたというか、徳間側の要望を拒否すれば徳間側が製作準備委員会から抜ける形になったんだろうと思う。
(小林正樹の組織していた準備委員会に後から徳間大映が加わった形だった)

Wikipediaにはあたかも徳間側の企画のように記されているが、
実際は映画化の権利を得ていたのは小林正樹で、
徳間以前にもカナダ資本で製作する話があってが流れている。

徳間が撤退した後もチャンスを待てばよかったのかもしれないが、
結局、今回の機会を逃せば井上靖の存命中に敦煌の映画化はかなわないと判断して
自分が身を退いたと小林正樹の本にあった。

ドラマ性も娯楽性の低いわりに50億円かかるという小林版は土台実現しなかったろうと思う。

22 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 01:14:55.54 ID:VvzGs2uN0.net

敦煌は面白かったな

55 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 19:10:08.32 ID:TRwxif+K0.net

マジか?当時あの浜村淳が無理矢理「つまんなかった映画は?」って聞かれて敦煌を挙げてたけど

7 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 00:35:53.69 ID:FNbYdq1P0.net

ああ聖闘士星矢の

52 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 17:49:46.81 ID:HEfSXO9b0.net

あの頃は左が元気だったもんなあ。NHkもシルクロードとかやってたしw

76 :名無しさん@恐縮です:2019/02/21(木) 13:44:42.65 ID:+xWmzIU70.net

音楽の佐藤勝が存命中に「キネマ旬報」で、製作陣は当初ジョン・ウィリアムズに作曲を任せようとしていたと明かしていた。

最終的に黒澤映画や「日本沈没」などの佐藤勝が手掛ける事になった。
西域の雰囲気が良く出た仕上がりになっていたと思う。

76 :名無しさん@恐縮です:2019/02/21(木) 13:44:42.65 ID:+xWmzIU70.net

音楽の佐藤勝が存命中に「キネマ旬報」で、製作陣は当初ジョン・ウィリアムズに作曲を任せようとしていたと明かしていた。

最終的に黒澤映画や「日本沈没」などの佐藤勝が手掛ける事になった。
西域の雰囲気が良く出た仕上がりになっていたと思う。

36 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 06:06:43.81 ID:AjWAphOs0.net

とんこう? ホワンホウ?

71 :名無しさん@恐縮です:2019/02/21(木) 00:05:46.72 ID:juuVekV90.net

西夏を滅ぼしたのは漢人じゃなくてモンゴルだもんなぁ

74 :名無しさん@恐縮です:2019/02/21(木) 04:52:09.70 ID:ORPLkbD60.net


>歴史的大爆死
>これを機に邦画は大金を使わなくなった。

「敦煌」の後にも50億かけて「天と地と」や、「おろしや国酔夢譚」が製作された。

「敦煌」の配給収入は製作費の45億に迫った(興収は80億以上)。その年の邦画一番のヒット作だった。

それで徳間は引き続き、井上靖原作の「おろしや国酔夢譚」に同じ規模の予算を投入する事が出来て、こちらは製作費の半分しか回収出来なかった。

34 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 05:38:34.18 ID:vdnZy3DK0.net

ドラマでは、キイハンターもな。

25 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 01:27:15.40 ID:pf9yA00a0.net

学者肌がなんで北京原人なんて撮っちゃったの?

6 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 00:33:26.36 ID:Jw7lQwrL0.net

莫大の金掛けてコケタ映画か

65 :名無しさん@恐縮です:2019/02/20(水) 05:22:06.72 ID:LEvEe5q30.net

迷惑もハローワークもあるかい ボケェ

2 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 00:29:01.60 ID:2zxCOodI0.net

指折られちゃう

12 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 00:44:21.48 ID:jRBxOVO90.net

映画の敦煌はクソだろ

小説も、そんな大したものではなかった
でも、西域の雰囲気は出てたかな

14 :名無しさん@恐縮です:2019/02/18(月) 00:55:35.70 ID:Y1h3lF7N0.net

でも渡瀬に謀反するシーンだけはよかったと思う

コメント