【戦争】「史上、最悪の作戦」「英国からの独立の引き金」 インパール作戦を多角的に語り継ぐ!インド独立への影響含め現地目線で



1 :樽悶 ★:2019/05/25(土) 16:20:40.04 ID:qwPGHXnQ9.net
「レッドヒル」の麓に完成した平和資料館
https://static.blogos.com/media/img/200723/raw.jpg

■激戦の地に6月、平和資料館オープン

旧日本軍が75年前、インド北東部で展開し「史上、最悪の作戦」の代名詞ともなってきたインパール作戦。日本軍が目指したインド・マニプール州の州都インパール市を中心に、戦いの歴史を後世に伝える動きが広がり、日本財団の支援で「平和資料館」も完成、6月22日に開所式が行われることになった。

補給を軽視した戦いが「戦史上、例のない無謀な作戦」であった事実は今後も動かないが、インド独立などに微妙な影響を与えたのも事実。飢餓と病で非業の死を遂げた多くの兵士のためにも、インパール作戦とは何だったのか、新たな側面を含め、現地目線で多角的に後世に伝えられるよう望みたい。

インパール作戦は1944年3月、日本がビルマ(現ミャンマー)の防衛と中国・蒋介石政権に対する連合国軍の補給路「援蒋ルート」を断つ目的で開始した。英国からの独立を目指すインド国民軍(INA)約6千人も加わり日本軍は約9万人、対する連合国軍は英軍に豪軍、英国傘下のインド志願兵も含め約15万人。太平洋戦争で最も激しかった戦争の一つとされている。

資料によると、第31師団が北方からマニプール州の隣ナガランド州の州都コヒマ、第15師団と33師団が東方と南方から駐留英軍の拠点だったインパールを目指した。コヒマには到達したものの、食料や武器・弾薬の補給が確保できないままインパールを目前に7月3日、大本営が作戦中止を決定。航空機や火器など圧倒的な装備を誇る連合国軍の追撃の中、雨季を迎えた山岳地を退却し、最終的に3万人が戦死、4万人が戦病死したとされる。

資料館は、インパール市の南西約20キロの「レッドヒル」と呼ばれる小高い丘の麓に建設された。すぐ近くに1994年、旧厚生省(現厚生労働省)が建立したインド平和記念碑がある。44年5月末に子の丘で激しい攻防が行われ、双方合わせ約550人が戦死した。レッドヒルの名は、赤土が多い丘の地質に由来するが、地元関係者は「多数の兵士の血で丘が血で赤く染まり、この名が付いた」とも語る。

10年ほど前から地元の若者ら有志が塹壕の発掘など戦跡を調査、兵士の遺品や資料を集めて私設の資料館を開設し、5年前には駐印日本大使らも出席して70周年記念式典が開催された。こうした機運を受け地元の観光協会を中心に資料館建設計画が進み、日本財団が5000万円を支援、展示スペースや中央ホールなどを備えた8角形の平屋建て資料館が完成した。開所式には地元や日英の関係者、遺族会関係者も出席し記念植樹も行われる。

開館を前に4月上旬、現地を訪れると、「日本兵は食料も弾薬も不足する中、実に勇敢に戦った」、「規律正しく礼儀正しかった」、「強かった」など好意的な声が多く聞かれた。大半が戦いを目撃した高齢者からの言い伝えで、戦後75年を経て当時を知る住民が急速に減ってきたことから、資料館を建設し証言や資料を残すことになった。

戦いの舞台となったインド北東部は、ミャンマーや中国、バングラデシュと国境を接し、インド全体から見ると民族も歴史もやや異なる。マニプール州など計8州には400を超す少数民族を中心に約5千万人が住み、かつて、この地に栄えたマニプール王国はミャンマーにまたがる広大な地域を支配した。しかし英国がインドを植民地とした1880年以降、インドに統合され、1947年のインド独立後、一時的に自治権を回復したが2年後、インドに併合され、その後、独立や自治権の拡大を求める戦いが続いた。

インパール作戦は地元で「Japan War(日本の戦争)」と呼ばれる。インド全体と同様、「英国からの独立の引き金となった」と評価する声が強いものの、複雑な歴史もあって、全体とはやや異なる雰囲気も残しているようだ。直接の戦場となったことで戦いが残した傷跡も大きい。作戦開始1年前には住民8人が死亡する日本軍の爆撃もあった。

資料館計画を進めるマニプール観光協会のハオバム・ジョイレンバ事務局長にこうした点を質すと「戦争である以上、それは仕方がなかったし、戦争を境にこの地も大きく変わり始めた」とした上で、「当時を知る人の証言や資料を少しでも多く集めたい。今、それをしないと民族の歴史を後世に正しく伝える機会を失う」と語った。

戦後75年を経て、残された証言や資料は少なく、特に日本側の資料が不足しているという。戦いを目撃し日本兵と接した体験を持つ住民も急速に減っている。作戦に参加した日本兵、さらにその遺族関係者も既に老境にある。インパール作戦の全体像を後世に多角的に伝えるためにも、少しでも多くの資料が提供されるよう望みたい。

2019年05月21日 16:21
http://news.livedoor.com/article/detail/16493190/

17 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 16:44:50.49 ID:TyWptskn0.net

一般人はいつの時代も何も考えず死ぬまで働けばいいんだよ

7 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 16:27:12.04 ID:UMAP1SXw0.net

ネトウヨは家の中しか移動しないのに

127 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 21:55:04.29 ID:LTHtxZ9X0.net

チャンドラ・ボースとの約束を果たしたかった、
と言う説もあることにはある。

124 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 21:18:30.36 ID:5iCqMFqc0.net

英帝のことだからインドから専門家呼んでるぞ。
公園掃除専用とか便所掃除専用のカーストとかある。

177 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 06:14:36.05 ID:W78s1cNB0.net

日本もアメリカが支援してくれなかったら戦争継続できなかったくせに何言ってるの?
日中戦争はアメリカの支援を独占したほうが勝つという単純な戦争

41 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 17:22:26.77 ID:PneYsLTr0.net

ここ最近のインパールageはなんなん。
おまいらの史観を読ませて頂けるのは面白いけどさ。

221 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 15:18:09.93 ID:sWMRxbZO0.net

パヨクガーじゃなくては当時の海軍関係者が「陛下にまで累が及ぶかも知れん」と考えてやったことだよ

NHKが10年くらい前に海軍反省会のことを取材して戦時中に起きたスラバヤ方面での捕虜虐殺事件で
法務官として立ち会った人間を突き止めてインタビューしてたが「知らない」「覚えていない」とはぐらかしてたな

ちなみに今も生きてるか分からんがその人は弁護士をやってたそうで

77 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 19:21:35.70 ID:2/G3g+Dk0.net

ベトナム戦争で数万人戦死者が出ただけで
アメリカは泣きが入って脱走反戦運動でボロボロで
余力があろうが講和を余儀なくされた。

それを考えると被害大きくなると講和になるって
読みはそこまで間違いじゃなかったのかもしれない

97 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 20:31:19.33 ID:ah7CIbEi0.net

150 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 03:16:01.43 ID:BICsLJvt0.net

日本人150万人だぞ

何が自虐史観だよ!
教科書にすら載ってないよ

上流階級に150万人もジャングルで殺されたんだ
どれだけヤバい事やったのか理解してるのか

205 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 10:08:40.32 ID:mZTgebjb0.net

>植民地支配からの独立は、当時は世界的潮流だった

へぇー戦前は独立ブームが起こっていたんだ。
詳しく説明してくれよ

>日本はその潮流を読めずに欧米と同じように植民地支配して

日本は植民地支配なんてしてないな。

朝鮮は併合だし、台湾は・・・
というか戦前台湾って国はないぞ?

台湾は日清戦争で割譲された清国の領土の一部
日本はそこに住む人に2年の期限を設けて日本国籍か清国籍を選択してもらった。

清国籍を選択した人は大陸に渡って行った。
つまり当時の台湾は日本国の領土でそこに住む人も日本国籍の日本人。

どうして日本国籍を選択した台湾人が多かったかというと、
清国は台湾を「化外の地」として統治に力を入れていなかった。
つまり台湾住民は清国に帰属意識というのがあまり無かったわけだ。

39 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 17:17:41.83 ID:Hlzf7hQZ0.net

アジア解放と言うだけ大義でもマンシュタインならもっと賢い戦略を立てる

そこが牟田口とマンシュタインの差
軍隊は指揮官の能力で決まる

国も同じ国難に対しては絶対的な知性により国の命運が決まる
東絛では日本は滅びた
マンネルヘイムはフィンランドを救った
これは知性と能力の差

どうにもならない厳しい現実

106 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 20:47:17.02 ID:d56NheuC0.net

支那人入るべからずなわけねーだろ
それはイタズラか建て前
だれが便所掃除するか考えたらわかるだろ

104 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 20:41:43.52 ID:MSiTUl6O0.net

香港マカオはイギリスポルトガルに99年で租借され
上海には各国の租界があって「犬と支那人入るべからず」という立て看板が
あったにも関わらず、欧米列強に尻尾を振ってアジアの植民地では中間搾取者として
振る舞った、実質的に亡国の民、自分だけが良ければ国なんてどうでもいい支那人が
日本を責めるのはお門違い。

支那が先頭に立って欧米列強に対抗すべきだったんだよ。
米中貿易戦争がんばれよ。アジアの盟主の誇りを見せろ。
日本は70年前に頑張ったが武運拙く負けたがw

141 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 02:45:52.38 ID:wxHeK62B0.net

作戦時にはイギリス側部族、日本側部族、中立部族
がいていまだにそのイギリス側部族の子孫では日本に対して複雑な感情がある
一応物々交換したらしいが日本軍が渡した軍票が無意味になったりガラクタと食料を交換することを強要をれたりした
日本側についた部族は自ら積極的に日本軍に食料を提供した

146 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 03:10:35.50 ID:IGKcoZmSO.net

ほんそれ
どうせやるなら中国の分裂を促して弱体化なのに、逆に統一させて強大化させたのが馬鹿な日本

236 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 19:41:22.34 ID:sWMRxbZO0.net

「軍艦長門の生涯」の中に載ってたエピソードで
海軍のお偉いさんの奥様方の会話の中で誰かが「アメリカには勝てますかね?」という話題を振ったら
「無理でしょう。今の海軍さんは外国語もロクに話せない連中ばかりじゃないですか」と即答されたとか
長門の若手士官たちが「俺たちも早く戦場に出たい」とヤキモキしているという話を聞いた山本五十六が
自腹で購入していたニューズウィークやナショナル・ジオグラフィックをその士官たちに貸したら
「俺等は英語が分からんので読めません」と言われて「じゃあ戦う前に英語を勉強しないと駄目だろ。なんで勉強をしないんだ」と叱ったとかいう話があったな

敵や海外の情報を仕入れたりそれを読めないようでは勝てないって話なんだろうが
この頃の士官たちが科学的な知識より精神論的なものにのめり込む傾向があったとも書かれていた

99 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 20:36:20.75 ID:GminxQoU0.net

戦前を否定する戦後教育に反発するからといって日本軍のことはなんでも肯定するのはアホだろ
辻や牟田口はどう考えても擁護できない

164 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 04:51:25.45 ID:CZdLsyhQ0.net

今と大日本帝国当時とじゃ憲法も法律も違うでしょ

216 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 14:04:15.32 ID:tjkRUJkt0.net

険しい山脈の中の村に住んでる土人から
師団単位の人数分の食料がぶんどれるわけないだろ

121 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 21:16:11.39 ID:uQjks+Fc0.net

自分の手で日本にトドメを刺そうってことか?
それは軍法会議で死刑しかないだろ

50 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 17:56:35.36 ID:+bJqCpHN0.net

実現すれば、中国への補給線が断絶し、イギリスがアジアへのアクセスを喪失しかつ大きな同盟国を得られるというまさに「夢物語」だったね

66 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 18:48:42.21 ID:KNiroCL30.net

その辺の雑草食って戦えない奴はチョン!って精神で敢行されたインパール作戦

110 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 20:52:20.12 ID:zm7DraCb0.net

結果だけで判断する奴が多いから
成功してたら「軍事の常識にとらわれない破天荒で独創的な試み。
机上の学歴秀才には思いつかなかっただろう」とか賞賛されてたかもな

80 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 19:51:19.99 ID:w0j94Bw70.net

無駄口が悪いのなら、師団長も悪いって話だな

第15師団長 山内正文 陸軍大学第36期首席、カンザス米陸軍大学校卒、駐米武官
第31師団長 佐藤幸徳 陸軍大学第33期
第33師団長 柳田元三 陸軍大学第34期優等、恩賜の軍刀。駐ポーランド武官

27 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 16:59:42.97 ID:bPsOlDpn0.net

戦争のたびに民族独立を約束して戦争が終わると約束を反故にしてきたイギリス
陸続きならとっくにイギリス全土が焦土になってると思う

200 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 09:13:25.15 ID:IGKcoZmSO.net

勝てないタイミングでは戦わないというだけ
今やアメリカに迫る力を手にしてるのが中国、イギリスなど中国の遥か格下になってる

23 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 16:53:14.69 ID:W4F54jBP0.net

十五年戦争で語り継いでいかないといけない歴史は

満州事変>>>盧溝橋事件>>>玉砕 特攻を前提の戦闘>>>沖縄戦>>>軍法会議>>>インパールとまで言い切れると思うけど
異論がある奴が
チョンコちゃんランド人だけだろうな。
日本の歴史をあまり知らないチョンコちゃんはインパールをよくやりだまにあげるけど
インパールが無謀な作戦だったのは言うまでもないけど そもそも太平洋各地で行われた
玉砕 特攻作戦をインパールでは行われてないのだからまだマシな作戦だったと言えるわな。

35 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 17:14:08.04 ID:H41kwLw80.net

ロンメルこそムッチーの同類だぞ
北アフリカの砂漠にムッチー置けば、ロンメル的な働きをしたと思う

71 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 19:05:04.50 ID:yri4GgH40.net

右翼の場合は黒船以来の反欧米列強感情で、アジア主義になっていった
まぁ偉い天皇をいただく日本が優越的立場からアジアを指導するという観念も含んでいるけど

左翼の場合、日本の帝国主義を打倒するという左翼のロジックから、
欧米の帝国主義から日本・アジアを守るというロジックにスライドしたり(転向左翼)、
武者小路実篤みたいに海外旅行先で人種差別を目の当たりにして、欧米幻想が崩れたりしたからだね

79 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 19:44:31.72 ID:HYXCVHLF0.net

ある時期までは確かにそうだった
宇垣軍縮で17個師団となり1937年までその体制であり師団長のポストは超エリートだった
だが日中戦争の激化で続々増強太平洋戦争開戦前には実に51個師団

常時なら予備役行きの連中が員数不足で親補職の閣下となり陛下に拝謁の栄誉に浴する
士官学校の母数はそのままなんだからそりゃあ質も落ちると言うものだろう

25 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 16:55:34.39 ID:Hlzf7hQZ0.net

インパールがまともか
牟田口は名将か論じるまでも無い

マンシュタインやアクセル・アイロがインパール作戦を立案すると思うか?

ロンメルやアイゼンハワーが前線指揮するのに納得すると思うか?

物資の問題では無く将校としての能力の問題

日露戦争の大山、児玉、秋山ならもっと真剣にまとまな作戦を考えて実行してる

213 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 12:06:31.15 ID:j2WIQEgS0.net

軍事的にはアメリカ・ソ連の責任だな。
経済的には自民や経団連の責任もあるが

22 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 16:51:06.60 ID:KnUkE+5o0.net

大東亜戦争に付随して仏印で200万人、インドネシアで200万人の
現地民が餓死その他で死んだ

116 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 21:07:39.88 ID:RXen5/Ox0.net

東条がボースの熱意に押されて始めた戦争だろ
牟田口個人の問題ではないと思う

114 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 21:01:05.47 ID:qm34oggq0.net

正確には牛に武器弾薬食料などの荷物を積んで行軍させ
最初は積んだ食料から消費して最後に牛をバラして食べる計画だった

なお、牛さんは上空を飛ぶ敵味方の戦闘機の爆音にビビって荷物ごと逃げ出したり
川や崖から落っこちて行方不明になった模様

195 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 07:26:42.94 ID:eqeqTmSU0.net

大西洋とインド洋と制海権を取るべし!
現実的にはどうやって?

5 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 16:25:04.19 ID:juDPF2Vv0.net

補給なく敗れたのは東部戦線のドイツもだな

163 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 04:42:00.50 ID:GtTljdFR0.net

狭い島の中で戦ってた歴史から平坦って概念が薄い

128 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 22:05:40.66 ID:X9e3H+Nv0.net

失敗した作戦はどんなに優れた作戦でも悪い作戦。
成功した作戦はどんなに悪い作戦でもいい作戦だよ。

157 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 03:33:26.36 ID:wqPpU57Z0.net

フォークランドがペンギンだらけになってしまいました

9 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 16:32:22.45 ID:j9kU1wz60.net

朝鮮人が、日本が悪いと歴史を上書きしていくよ。

185 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 06:52:46.38 ID:mZTgebjb0.net

>インド軍はイギリスとともに侵略者の残虐無道な日本軍と戦い勝利した

インド人が言ってるソース頼むよ

6 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/05/07(火) 00:13:07.24 ID:RJN57zVY0
モディ首相が訪日した時 生き残りの参加兵に感謝してたよな
なんしろインドでは インパール独立戦と呼んで讃えているからなぁ

108 :名無しさん@1周年:2019/05/25(土) 20:49:44.34 ID:ON7k6IaV0.net

戦線を広げていってもう意味があるのは分かるが、補給とかメチャクチャだし
無謀すぎた。
もしインパール落としてその一帯を封じたら、じゃあどこで守りライン作るんだよって
話になってく。結局戦力としてどういう結果まで考えてたのかがなさすぎる。

現地軍を表に出して独立運動を激化させるのが一番楽で効果的だろうに。
それを撤退できないのがな。

何にしてもどんなだろうと米を引き込んだら負け。喜んだのは相手だけだ。
直接は、中国ととオランダだけが限界だろ。

169 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 05:15:57.68 ID:T9IAn/Fr0.net

欧米の植民地支配に比べ東南アジアにおける日本の統治が良かった何て
単なるプロパガンダ、日本の統治は過酷だと悪評が凄い

日本は立派でも何でも無い、頭を入れ換えて事実をありのまま受け止めろ

179 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 06:29:57.53 ID:e+EQDged0.net

海軍の責任回避力は凄いな。
どんどん逃がす。
B級戦犯裁判でも、被疑者が見つからず告訴されて受理されたのが3割ないくらいだもんな

197 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 08:44:44.54 ID:iCj3M6DJ0.net

キチガイをキチガイが褒める本かな

245 :名無しさん@1周年:2019/05/27(月) 21:01:19.16 ID:gT6GZuyv0.net

帝大より偏差値が上だった海兵出が、英語読めないわけないだろ。
明治時代から海軍将校の留学先は、英国か米国に決まってた。

212 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 12:05:03.56 ID:j2WIQEgS0.net

そんなもん戦争前からやってたただの貿易。
当時の日本からすれば他の輸入元、資源の代替地を入手すれば済む話。
利敵行為とか言うなら当の戦争相手の中国が鉄の輸入元なんだよ。

中国や独立戦争時のアメリカは顧問団から実際の軍隊派遣、
莫大な軍事費の支援、日本の通貨政策による経済制裁行為に対して
背景から支えて中国が破綻しないように支えるとかガチで軍事的に支えてたんだよ。

239 :名無しさん@1周年:2019/05/26(日) 20:55:10.87 ID:sWMRxbZO0.net

そっちの事情は正直わからない
日本軍向けにバラ撒かれたビラはちゃんとした日本語になってるが
捕虜にした日本兵に書かせたのかもしれん

コメント